自転車がほしい!と思ったら

トピック

自転車欲しい、やってみたい。という相談をよく受けます。その理由によって、継続できるかどうかが変わるもんです。どんな趣味でも同じことですが。
写真は最初にロードほしかったときに憧れてカタログ写真を眺めまくってたLeMondのTete De Courceというやつ。今見てもかっちょいいな。どっかに転がってないかな。

そんなアナタがまずやることは何か

なんか見出しとかお試しで使ってみる、のは置いといて。

はいそうです「まずひたすらカタログを眺めること」です。大事なことは何か、自転車という趣味は道具が先行しがちなので「その自転車をかっちょいい(かわいい)と思えるかどうか」がものすごく大事です「愛車でうまいラーメン食いに行きたい」「愛車をいじりたい」「愛車をカスタムして飾りたい」とか、そういうのがとくにかく大事です。

もちろん、予算や入手性(通える範囲の店で買えるかどうかも含む)も性能も大事なんですけど。「そんなのは二の次だ!」という感じです。もちろん個人的な意見です。

購入基準はフレームなのだよ

このブログでも愛車紹介的なカテゴリーがありますが、ほとんどの自転車が買ったまんまでは終わってません(まだ終わってないけど)。コスパだの性能だの言ってても、所詮は「どうせ交換するパーツ」のことであれこれ言っているわけです。フレーム(フレームセット)こそが「自転車そのもの」なのです。そこを気に入るかどうかです、性能なんてみっちり乗ってみないとわかりませんし、パーツの性能差で速い遅いなんてほとんどないです。やっぱり、フレーム売りのあるバイクはありがたいですね。

よほど変なのじゃなければだいたい性能は問題ありませんよ。怪しいブランドはいっぱいあるのでちゃんと調べる必要はありますが。 もちろんパーツの規格とかも大事です。が、それをクリアするアダプターみたいなものはいくらでもあります。だいたいなんとかなります。 ならないこともありますが、稀です。

「初心者におすすめのロードバイク20選!」とかそういうものに惑わされてはいけません。あくまで候補を広げるために見るのであって、狭めるために見るものではないのです。ただしフレームサイズは超大事です、身体に合ってこそのスポーツサイクルです。

そして愛車自慢大会を開催しよう

そして買ったら自慢してください。私はいつも「いいね~、俺の自転車の次くらいには( ̄ー ̄)ニヤリ」と返しますが笑

ほら、俺の自転車かっちょいいでしょ~わはは笑

愛車紹介
「愛車紹介」の記事一覧です。

できれば自転車で通える距離にあるショップで購入しましょう。そのほうが良いです、確実に。良いショップであれは、ですが。

一番大事なことを思い出そう

忘れてはいませんか?「その自転車で何をしたかったのか?」を。どこか走りたいところがあるのか、痩せたいのか、鍛えたいのか、道具として愛でたいのか、元々の何か目的があったはずです。それを「かっちょいい愛車とともに達成する」のです。コスパだ?そんなしょうもないことのために楽しみを遅らせる意味があるのか?何事もおそすぎることはないが、「もっと早く始めておけばよかった」という後悔はコスパ悪いぜ!

その先の話

2台め以降、自分がやりたいことが明確になったり広がったらみっちり考えましょう。そうなると性能の意味が出てきますので。

おまけ

まぁ何が言いたいかっつうと、「愛だろ、愛」ですよ。
「そこに愛はあるのかい?」

中華カーボンに愛はあるのかい?

コメント

タイトルとURLをコピーしました