2018-2019シクロクロス世界選手権Day2

ブツクサ

二日目はWU23とME。

WU23

さっぱり予想もつかない、誰が勝ってもおかしくないような感じ。なので、やはりベルギーvsオランダ。まだタイトル取れていないオランダ勢が表彰台独占、意地を見た感じですごかった。

キュートな新U23チャンプはこちら。

View this post on Instagram

Ready #NK #RideForMore

A post shared by Inge van der Heijden (@ingevheijden) on

ほんと最後のダッシュはキレキレだった

ME

予想通りの展開。キャンバー走行技術(もちろんスピードとタイヤとかもあるだろうけど)の差がもろに出た感じ。最強のマティゥか、世界選手権に強いワウトか、そこにどうトーン・アーツが割り込むか。な感じでその順番でフィニッシュ。トーンさんは最後のスリップダウンさえ無ければなぁ、、。

世界選手権独特の、国どうしの威信をかけたような戦いがヒリヒリするぜ!
LvdHのアシストっぷりといい、わりきってエースを勝たせに行くオランダにシビレた。
あと、マティゥがめちゃくちゃ嬉しそうでなんか良かったな~。アルカンシェル授与の時とか、はやく着たくてしょうがない感じだったし。なんか可愛かった笑

View this post on Instagram

WERELDKAMPIOEN! 👏🏻🎉 📸 getty

A post shared by Bicycling Nederland (@bicyclingnl) on

マティゥのアルカンシェル姿は3年ぶりか、楽しみだわ~。春のロードレースも楽しみになってきた。これも毎年のことだけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました