東京マラソンをTV観戦

したのですよ。

1年前は、「マラソンやら駅伝なんぞ、見ててもつまらんしなんでTVでやってんのよ」て感じでした。興味ないとそんなもんですよね、自転車もそう。

やるスポーツとしてランニングに興味を持ったので、ついでに観る方もということで。実際には応援だとか何かよりも、「この選手の体格自分と近いから走り方の参考になるかも」とかそんな感じの方が重きを置いている感じですけど。

まぁ、なんにせよ飽きずに見られるようになったので、楽しく観戦ですよ。

大迫選手のフォームは無駄がなくかっちょいい。佐藤選手はランニングサイボーグって感じで渋い、かっちょいいぜ。ニューバランスおじさんとしては神野大地選手をゆるく応援しているわけですが、苦しいとき女子走りっぽくなるのがなんかかわいいな、なんて失礼な話だが。神野選手は今回も駄目なのか、、と思ったら、マイペースを貫きMGC出場権獲得!これは嬉しいお知らせ、おめでとうございます。終盤に水たまりみたいになったマンホールを冷静に飛び越えたりと、マネジメントできてた感じで光明がさした感じあり。

あと、大柄な大学生選手が活躍したけど、走りが特徴的で印象深い。

マラソンは自転車と違って体力の引き算のみというイメージの競技。セカンド・ウインドが吹いてミラクルウィン!みたいなことはほぼ無い感じ。
その中ではやはり優勝した選手のみが「イケイケな状態でゴール」するわけで、いつだって優勝者が一番余裕もって短時間でレースを終える感じなんだな。

もちろん、マイペース守って自己ベスト更新した選手なんかは、ゴールで思いのこもったガッツポーズするわけだが。

自分の興味の枝葉が広がって、世にあるいろんなスポーツの観戦を楽しめるようになるのは素晴らしいことだ。と言い張っておく。

選手の皆様、おつかれさまでした。

それにしても、目立つイベントに出るたびに評判を落とす都知事ほんとすげえな笑

===追記===
書き忘れていた。ものすごい大事なことを、、、。
ゴールのストレートで選手の名前コールすんの気持ち悪いからほんとやめてくれ!

こちら参照、トップ付近の選手がゴールするたびにこれ、、、ひどすぎる。何考えてんだろうか、、、気持ち悪い。

堀尾が5位、MGCへ=学生初-東京マラソン

コメント

タイトルとURLをコピーしました